2005年07月04日

宮山@プライド prrt2

勝ったようです。
今のうちにサインでももらおうかな・・・

見事に柔道技炸裂です。

bt-050704-3.jpg

少しやせたかな・・・?PRIDEチャレンジ>◇3日◇東京・大森ゴールドジム

 生まれながら耳の聞こえない柔道家宮山堅次(30)が初出場したアマチュア登竜門の同大会で秒殺勝利を挙げた。開始直後に片足タックルを狙い、踏ん張る相手の足を払ってテークダウン。そのままチョーク式裸絞めを決めわずか42秒で仕留めた。この日の19試合で最短タイムだった。

 「狙い通りです」と笑顔を見せた宮山だが、気持ちは次の目標に向いた。この日は打撃なしルール。第1関門を突破し、次は打撃を習得する。ジムを見学した際にアドバイスをもらった格闘家高阪剛の指導を受けることが第1希望だが、ブラジルやタイのジムもインターネットで調べている。

 最終目標のPRIDE参戦を果たす時は、出身地の鹿児島にちなみ「おいどん」のリングネームを準備している。戦いのテーマは「聞こえない。それがどうした!」。聴覚障害以外は健常者と同じ運動能力を持つことを、世間に訴えるためにも戦い続ける。

posted by 真成会 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4857630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。